ホーム > 仕事 > 帰化申請 リトアニア

帰化申請 リトアニア

帰化申請について、三木清の著作権切れの文章をベースに考えて見ましょう。
帰化申請について、彼は何も語ってはいませんが、哲学者ならではの深い文章が、
国籍を考える上でも、帰化申請の動機を考える上でも、とても役に立つのです。。
 トハチェフスキー元帥らの銃殺および最近ソヴェートにおける清党工作は世界を驚かせた。元来この事件についてはいまだ正確な事実を知り得ず、伝えられることの多くは臆測の要素を含み、あるいは何らかの為めにする宣伝ですらあるようである。したがってこの事件に対する我々の批評も、単なる感想にとどまらざるを得ない。
 この事件によってソヴェート政権および赤軍が脆弱(ぜいじゃく)になったとは考えられないであろう。もちろん、かような事件が起ったということは、そこに何らかの弱点が存在していたことを証しているに違いない。しかし他方その弱点がこの事件によって救治され、かの国の政治上ならびに軍事上の体制はかえって強化されたという推測も成り立ち得るのである。かような荒療治をともかく強行し得るということ自体がすでにスターリン政権とソヴェートの統一との鞏固(きょうこ)さを示しているといい得る。スターリンが徹底的な現実家であることは衆評の一致するところである。彼は決して夢想や空想によってこの大弾圧を行なったのでなかろうし、そしてこれを行なう以上、十分に自信があって行なったに相違ないと考えられるから、今度の事件の結果スターリン政権は強化したとも想像し得るのである。しかし同時に現実家のスターリンがかように思い切った弾圧を行なわねばならなかった限り、従来の体制に弱点ないし欠陥が含まれていたということも蔽い難い事実であるように思われる。
 ところで我々はこの弱点ないし欠陥が単にソヴェートの国内的関係に存したと考えることができない。そこには対外的に重要な事情があったはずである。すなわち現在ソヴェートを繞(めぐ)る国際関係の緊張によってソヴェート自身も余儀なくされているいわゆる準戦時体制の強化の必要から、今度のような粛軍および清党工作が行なわれねばならなかったと見ることができる。したがってそれは国内的必要からというよりも対外的必要から行なわれたのであり、言い換えれば、その犠牲者は直接には社会主義建設に対する裏切りのためにというよりも、ファシスト諸国によってソヴェート自身が強要された準戦時体制の強化に対する障碍として犠牲にされたものである。もちろん、ソヴェートにおいてはこの準戦時体制の強化も間接には社会主義擁護の目的をもっているのであるが、しかし直接には準戦時体制と社会主義とは一致するものではなかろう。政治の固い論理が犠牲を要求したのである。しかも、もしこの犠牲の責任を問うとすれば、間接には世界のファシスト諸国にも責任があるといい得るであろう。
帰化申請について、引き続き、三木清の文章を読み進めながら思索しましょう。
帰化申請の必要書類や帰化申請の条件についても併せ考えましょう。
 我々が知りたいのは、ソヴェート民衆が今度のような事件をいかに考えているかということであるが、それも言論の統制が完全に行なわれている国においては不可能なことである。革命以後すでに多くの歳月を経ているのであるから、教育の力によって、我々にはそのまま受取ることのできぬ政府の説明をもそのまま受取って安心しているように見える。どのような制度でも、一定の期間以上存続すると、その間にすべての人間をその制度に適したように作りかえることによって、維持力をいわば加速度的に増して来るものである。この点からいっても、今度の事件のためにソヴェート政権に大きな動揺が生ずるとは想像されない。
 右は政治の論理である。しかしいずれにしても、革命の功労者の多数が次から次へ倒されてゆくのを見ては、我々は政治の論理の非情性を思わずにはいられない。我々のヒューマニスティックな感情はそこになにか忍び難いもの、反発するものを感じるのである。個人は社会のために存在するというだけでは済まされない。ヒューマニズムの論理は政治の論理に一致し難いものがあり、そこに歴史の悲劇というものが考えられる。この悲劇はもとより単にソヴェートにおいてのみでなく、世界の到るところにおいて、過去および現在にわたって、見られることである。オプティミスティックな政治主義が考えるように、簡単にこの悲劇がなくなるとは想像され得ず、かえって悲劇は歴史の本質であるように思われる。政治の論理と人間の論理との一致を理想として歴史は限りなく悲劇を繰り返しつつ進んでゆく。ジードの『ソヴェート旅行記』のごとき、まさにそのことを示している。
帰化申請を考えるにあたり、以上の三木清の文章は参考になりましたか?
著作権切れとは言え、さすがは三木清。帰化申請についても大きな参考となりますね!

タグ :

関連記事

  1. 事業協同組合 設立

    中小企業が集まって作る組合には、事業協同組合だけではないのですが、事業協同組合の...

  2. 事業協同組合

    事業協同組合を企画している神奈川県のものです。実は先日、建設関係の企業同士が寄り...

  3. 入国管理局 埼玉

    入国管理局 埼玉 行ってきました。私は、埼京線を北上していくつもりでしたが、途中...

  4. 在留資格認定証明書交付申請書の入手先

    在留資格認定証明書交付申請書は、入国管理局でもらえるそうですが、品川って、結構遠...

  5. 古物商許可

    古物商許可をとるための必要書類をとりよせるだけで、随分と面倒な手続きだなと思って...

  6. 国際結婚手続きをクリアしたカップル

    国際結婚の手続きってどれほど大変か、実は国によって異なるみたいですね。相手の国が...

  7. 化粧品製造販売業許可を得るためのポイントってある?

    化粧品の輸入を考えているので、化粧品製造販売業許可と、化粧品製造業許可の両方をと...

  8. 立川の入国管理局へ行こう!

    入国管理局 立川の管轄を調べてみました。私は府中に住んでいるので、立川が一番近い...

  9. 香港 法人設立

    香港 法人設立 を考えているのですが、やはり、自分でやってみるのは大変ですよね。...

  10. アポスティーユ 在外公館

    アポスティーユを無犯罪証明書にいただくにはどうしたらよいのでしょうか?アポスティ...

  11. 帰化申請 リトアニア

    帰化申請について、三木清の著作権切れの文章をベースに考えて見ましょう。帰化申請に...

  12. アポスティーユ その後

    アポスティーユ代行をお願いしようかと思っています。自分であれこれ調べていたのです...

  13. 日本ビザ 日本人の配偶者

    日本ビザの申請に関するよいブログが誕生したようです。日本ビザのブログって、珍しく...

  14. アポスティーユ 代行 ~公証役場も関係あるよね。

    アポスティーユ代行について、いいブログを見つけちゃいました。このブログは、アポス...

  15. 創業融資

    創業融資を受けたいと考えています。創業融資というのは、日本政策金融公庫などから創...

  16. アポスティーユ代行

    アポスティーユ代行について考える拠り所として、三木清の次の文章を読んでみましょう...

  17. 帰化許可申請 と三木清

    帰化許可申請について考えるとき、著作権切れとはいっても、次の三木清の文章が参考に...

  18. 会社設立 中央区

    会社設立 中央区で考えています。東京都中央区よりは、千代田区の方がさらにオフィシ...

  19. 永住ビザ 求められる素行とは?

    永住ビザについて考えよう! まず、素行が善良であることを証明する資料 笑。これは...

  20. 帰化申請 流れと期間

    帰化申請をする流れがどうしてもつかめなかったのですが、まずは法務局へ行って見る事...